読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々日々ほぼほぼ数珠つなぎ

気楽に綴る日記です

10/20の備忘録

38週6日。

予定日まであと8日。

 

雲ひとつない晴天と

10月下旬にしてまさかの27度という夏日。

 

今日は検診なので病院までテクテク散歩。

とても気持ちがいい。

光の量が多いからか、外に出た途端にお腹の動きが活発に。

赤子の肩なのかかかとなのか、

ぽこっと隆起したお腹の膨らみを撫でさすりながら歩く。

 

気になっていた、病院近くのイタリアンで一人飯。

 

検診では、NST(陣痛監視モニター)も異常なく、

内診では子宮口がすでに開いている旨を告げられる。

2センチ開いてて頭も下がってきてるから

いつでも出てくる用意ありと。

 

自覚症状がなかったのもあって

初産だし予定日すぎるかなぁ、今月中に会いたいなぁ、なんて

考えていたものだから、先生の言葉は予想外でびっくり。

子宮口って自覚症状なしに開くものなのね。

 

順調な経過にちょっとテンション上がりつつ、

ここで油断してはいけないと、検診帰りに砧公園を1時間散歩。

お天気は良いし気分は良いし、平日だから程よい人出だし、いい感じ。

ベビーカーで月齢小さい赤ちゃんを連れてきているお母さんがたくさんいるのを見て、

出てきたらまた一緒に来ようね、なんて

赤子とちょこちょこおしゃべりしながら至福の時間を味わった。

 

臨月入って毎日散歩に出るようになってから痛感するけど

本当に今のエリアを選んで良かったなー。

病院は超万全の環境な上に家から近いし、

散歩して気持ち良い場所が徒歩圏内にたくさんあるし。

臨月入ってほとんど電車に乗ってないけど、

全く苦にならない生活でよかった。

 

来週の今頃には会えているのだろうか。

それともまだお腹の中で会話しているのだろうか。

どちらにしても、会える日が楽しみでワクワクする。

 

陣痛の痛みや恐怖がないといえば嘘になるけど、

ここ2、3日ではっきりと、

会える喜び>未知のものへの恐怖

になってきた。

1週間前くらいになると肝が座るものなのだろうか。

 

 

さてさて会える日はいつだろうか。