読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々日々ほぼほぼ数珠つなぎ

気楽に綴る日記です

2/27の回想録

2016/2/27

 

本来なら生理が来ているはずの日から3日ばかり経った日のこと。

くるはずの生理がこないという事態に、

イライラしたようなソワソワしたような心境だった。

 

夫が言う、「それ、絶対子どもできてるって。調べた方がいいって。」

というセリフになぜか反発したくなり、

「まだわかんないもん。インフルエンザとかで体調悪かったし。決めつけないでよ!」

なんて 言い返すというやりとり。

 

結婚して二か月くらい経過していて、

結婚式の予定も決まっていて、

夫も私も子どもを望んでいて、

だから当然避妊もしていなくて、

今思うと反発する理由なんて何もないのだけど。

 

「そんなはずはない」というか「まだその時ではない」というような思いがあった。

それは、子どもを望んでいない、ということではなく。

 

前年の5月に突然父を亡くし、

そこからプロポーズ(もどき?)、両家挨拶、引っ越し、入籍、と

自分でも予想していなかったスピードでことが進んできたことに対して、

「ちょっと一息つかせてほしい」というのが正直な思いだった。

自分の意志ではない大きな流れに押し流されそうな、

焦りのようなものを感じていたのだろう。

 

子どもを欲しがっていた割に全く前のめりではない私の態度に、

夫はさぞかし戸惑ったことだろうと思う。

 

 

週末を待って、二人で検査薬を買いに行った。

検査自体は妻に任すというスタンスの人も多いと思うが、

検査薬を選ぶ・買う、というところから参加したがる好奇心旺盛な夫。

今思うと、夫のこの性格は本当にありがたいと思う。



家に帰って検査結果が出た瞬間は、

それまでの焦りや漠然としたイライラは嘘のように晴れて、

「ああ、待ち望んでいた、母になる道が始まったのだ。」とストンと気持ちが落ち着いた。


高揚感とも違う、

覚悟とも違う、

穏やかに自分の足元に根を下ろし、

広げていく感覚。



その日の夜は、夫がお祝いしようと言ってくれて、2人で美味しい中華で祝杯をあげた(もちろんノンアル)。