読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々日々ほぼほぼ数珠つなぎ

気楽に綴る日記です

10/31の備忘録

予定日+3日。

未だ陣痛の気配なし。

 

10/31の未明は新月だから陣痛くるよ!という

スピリチュアル姉の予想もむなしく?

陣痛ないまま今日も元気に赤子はお腹の中で運動している。

 

予定日は10/28です、と言い続けて8か月くらい。

勝手に10月生まれの子、という風に思い込んでいたけど、

予定日はあくまで予定なんだな。

ということで11月生まれちゃんになった。

 

週末を終えてまた平日サイクルということで、

朝夫を送り出し、さて今日はどうしようかと思っていたけど、

待ち疲れというかなんとも言えない無気力に襲われて

15時くらいまで家でゴロゴロ。昼も食べずに本当にゴロゴロ。

 

母からかかってきた電話で目を覚ました後、

せめて日が沈まないうちに一時間は散歩せねば、、、

と思い立ち、慌てて家を出る。


隣駅までてくてく散歩して、

新しい道とパン屋を開拓。

遅いお昼ご飯に一人ラーメン。

子ども産まれたら食べられないよ、とよく人に言われるから。



ぐるっと大回りして1時間半くらいの散歩を終えて、帰りに最寄駅にある、気になっていたカフェに立ち寄る。

古民家風の造りで、禁煙の二階席に通されると、貸切状態。

外からの見た目に反してゆったりしたスペースで、好みの書籍・雑誌が煩雑に並ぶ。

自家製のちょっとしたスイーツと紅茶を注文。

携帯はカバンに入れたまま、店にある本を読み読みゆるりと過ごす。


お店の人の絶妙にほっといてくれる距離感もよく、

久しぶりのアナログ時間を満喫。


ふと、昔飲み屋で知り合った助産師の子が言っていた、

「最近の妊婦さんは事前準備が周到で勉強熱心すぎてマニュアル脳なんですよ。お産は本能ですから。携帯とかPCとか見ないで本能で楽しむのが安産のコツです!」という言葉を思い出す。


悲しいかなご多分に洩れず自分もスマホ依存気味の生活で、妊娠出産というイベントに際してタスク管理と情報収集に明け暮れていた。

特に出産予定日控えたソワソワ感も相まって、毎日残タスクチェックと出産情報のおさらいをしてたんだけど、なぜかこの時はほとんど携帯に触らずぼーっとその空間を楽しむことができた。


ああ、これはお腹の子が、

焦らなくていいよ、ゆったりその時を待っててよ、と言ってプレゼントしてくれた時間だ。




お腹の子はきっとこう思ってる的な思想は普段あまりしないんだけど、この時は妙にハッキリそう思って、嬉しい気分で帰路に着いた。



※後日談

結局この日の夜中に陣痛きてそのまま入院、出産だったので、上記の直感はあながち間違いではなかった。