読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々日々ほぼほぼ数珠つなぎ

気楽に綴る日記です

出産時~退院までの備忘録(とりいそぎ)

11/1 15:53 出産

陣痛~分娩直前までは夫と母の二名体制で付き添い。

分娩から母退室。陣痛促進剤の投与。

破水→生温かい海水が自分から湧き出てくる感触。

いきみののち髪の毛見えたあと、

赤子に臍帯絡まってたかなにかで急きょ吸引分娩決定。

吸引決まってからたくさん先生とかゾロゾロ。

夫は最後まで近くで一緒になってくれた。

陣痛のときはもちろん、分娩のいきみのときに首を支えてくれたり。

温かい手が体に触れるととても安心する。

 

出産後、母、姉がくる。姉は号泣。自分は意外と冷静だった。

泣くかなーなんて思ってたけど、まったくそんな作用にならなかった。

 

その日は出血多量のため母体は絶対安静。

母子同室なし。

体を起こしてはいけないので、トイレ付個室だけど導尿・点滴。

人生初導尿・点滴で大変居心地が悪い。

 

11/2 

午後点滴・導尿取れるも、シャワー許可はでず。

おじと母が来る。

夫は来ないかと思いきや、面会時間終了間際20分ほどきてくれる。

急いできたのであろう、半袖で息が荒い姿。いいね。

 

11/3

祝日ということもあり、来訪者多かった日。

大学の友人(近所に住んでる)

夫の友人たち(お子さんいるパパ&看護婦さんなので話しやすい)

 

11/4

夫は大事な飲み会で来られず。

義父義母義姉来てくれる。

今日はせっかくだからそちらの家族でゆっくり蜜月を、ということでうちの母は来ず。

 

11/5

義父義母義姉

が来てくれる。

夫が、11/2のときはデレデレだったのに、

それまでと違ってクール風にしている。うける。

 

11/6

マタニティブルー絶頂の日。

義父義母

が来てくれる。

義父母が抱っこして写真撮ってくれたのがうれしい。

沐浴指導受ける。

夜疲労最高潮のときに夫母姉の援軍。

授乳折檻受けてるときに夫が背中に手をあててくれていた。

それだけで気持ちがほぐれて号泣。まさに手あて。

折檻のあとはスーパー優しい人に担当変更。よかった。。。

 

11/7

退院。母と二人で。

赤子初めての外気。光さんさんのいい日。この眩しさ、キリッとした空気、赤子は何を思ってるのだろうか。

ようこそこの世界へ。

産まれた時は浮かばなかった言葉が、ここで初めて口をついた。